BUSINESS

ビジネス

LINEで投資ができる?70億円を調達し、LINEと協業するオンライン証券FOLIOの可能性

今、FOLIOというオンライン証券会社に大きな注目が集まっている。

設立わずか2年余りの新興企業が70億円を調達して、あのLINEとも協業を発表。日本のフィンテックにも大きな影響を与えている。ユーザーフレンドリーなインターフェースで高い評価を得ているFOLIO。LINEとの協業は、今後社会にどのようなインパクトを与えるのだろうか。


70億円を調達!オンライン証券会社・FOLIOとは

株式投資はLINEで、そんな時代が近い将来実現するかもしれない。オンライン証券会社・FOLIOは、LINEとの協業を発表した。日本でもっとも利用されているメッセンジャーアプリとの協業は、株式投資の常識を大きく変えるかもしれない。

FOLIOは、2015年12月に設立されたベンチャーだ。オンライン証券会社として、オリジナリティを発揮しており、その一つがテーマごとに10万円から投資が可能になっていることだ。
今、話題の「人工知能」、「ドローン」や「サイバーセキュリティ」、「半導体材料」などから選択することができる。
このように、テーマを設けることで、投資家に馴染みやすくなり、投資を促進する狙いがあると思われる。たしかに、株式投資の初心者が、個別の企業を調べて、その価値を判断するのは難しい。
テーマごとに分けることで、これまでの投資の常識を変え、資産運用のバリアフリー化を目指すことができる。

FOLIOは設立からわずか2年あまり。にもかかわらず、ゴールドマンサックスや三井物産などから70億円もの資金調達を行ったというのだから異例の存在といえる。
その将来性の高さはフィンテック関連企業のなかでも非常に大きいといえるだろう。


FOLIOが見据える「LINEで分散投資」

さらに、今回のLINEとの協業は、その将来性が高まる大きな契機となるかもしれない。
FOLIOが掲げる方針や展開するサービスは、LINEとも親和性があるといえる。ライトに使用できるLINEと、ライトに株式投資ができるFOLIO。
特に、ユーザーインターフェースは、多くのメッセンジャーアプリに影響を与えたLINEと、オンライン証券に大きな革新を生むかもしれないFOLIOがコラボレーションすることで、さらに進化するかもしれない。

LINEの取り組み次第では、FOLIOへ投資する人が大きく伸びるかもしれない。
LINEは、現在「スマートポータル戦略」を掲げている。あらゆるサービスをLINEで提供することで、ユーザーの利用度を引き上げることを目指しているのだ。
実際、LINEゲーム、LINE MUSICなどは好調を維持しており、LINE NEWSもユーザーの利用頻度が高い。そこに、投資サービスが加えることで、サービスのより一層の充実が可能となるだろう


「メッセンジャーアプリで気軽に投資」株式がより身近な存在

LINEとFOLIOの協業により、メッセンジャーアプリで株式投資が可能になると、その敷居が一気に下がるだろう。日本で7,100万人以上のユーザー基盤を持つLINEだからこそその意義は非常に大きい。

また、フィンテックという括りで見ても、これは大きな革新ではないだろうか。
日本政府も「貯蓄から投資へ」という流れを生み出そうと「つみたてNISA」のような制度を設けている。もし、LINEで株式投資やNISAができるようになれば、貯蓄から投資への流れはより一層加速するはずだ。
官だけでなく、民間からも日本の投資に大きなムーブメントを起こすきっかけとなるのではないだろうか。


サービス拡充により日本における地位を磐石にしたい

LINEのユーザー層は、おもに20~30代と言われている。投資はこれからという人も多く、新規顧客の開拓を行うには最適な環境といえるだろう。
FOLIOというユーザーフレンドリーなサービスとタッグを組めたことはLINEにとっても大きいだろう。

LINEはLINE Payを提供するなどフィンテックにも積極的だ。新たなサービスとしてFOLIOを提供して、フィンテック分野での影響力をさらに高めることができるかもしれない。
IT企業と言われていた企業が金融の世界に参入することで、金融業界がさらに活況を呈するだろう。

あえて課題を挙げるとすれば、“投資家保護をどこまで徹底できるか”だろう。
気軽に株式によって構成された金融商品を購入できることで、これから投資を始める人にそのリスクに周知することは重要だ。後々問題が生じないためにも、対策を取ることが求められる。
仮想通貨投資の世界では、日本人の投資家の割合が一番高いという。日本で投資が進まないのは、接するチャンスが乏しいということが原因かもしれない。そういう意味では、LINEとFOLIIOの協業は、日本の投資文化を大きく変えるかもしれない。
この取り組みがどのように成果を生み出すか、引き続きウォッチしていきたい。


<参考・参照元>
フォリオ | テーマでえらぶ、あたらしい投資のかたち
FOLIO コーポレートブログ
LINEで分散投資が可能に--FOLIOがLINEと資本業務提携、約70億円の大型調達も - CNET Japan
メッセンジャーを軸に、LINEはスマートフォン時代の新たなポータルになる――LINE 出澤剛社長に聞く (1/3) - ITmedia Mobile
【業界騒然か】新ネット証券・フォリオがテーマ投資サービスの動画を公開 「テーマで選ぶ、あたらしい投資」はどうスゴイのか覗いてみた | 投信1 | 1からはじめる初心者にやさしい投資信託入門
LINEが資産運用領域でFOLIOと組んだ3つの理由とは | 投信1 | 1からはじめる初心者にやさしい投資信託入門
右脳を刺激する証券会社「フォリオ」のテーマ投資にワクワク 甲斐CEO・松田公太対談(前編) | ZUU online

あわせて読みたい記事!