CAREER

キャリア

テレワークや在宅勤務、クラウドソーシング、時間と場所に捉われない新しい働き方とは。

在宅で仕事をする。それは、時間を有効に使えて、場所を限定せずに仕事ができるという最大のメリットがある。
働き方改革が提言され、人々の働き方に変化が出てきたのは最近であるが、そのような改革の一環として、会社に出社せずに在宅での仕事環境を整える企業が爆発的に増加していることをご存じだろうか。


仕事の悩みを払拭できる「テレワーク制度」

病気、怪我をしてどうしても出社できない事態に陥った、子育てで時間に追われているため、遅刻や早退が多くて社内で肩身の狭い思いをしている、一人の方が集中して仕事がはかどるなど、様々な理由から在宅での仕事をしたいと思う人は大勢いるだろう。
日本の少子高齢化は社会問題となっているが、在宅の仕事は未来に求められる実に有効な「新しい働き方」なのである。


テレワークのさまざまな種類

労働力減少により人材雇用が厳しくなっていくであろう将来。それを見越して登場したのが「テレワーク」だ。
スマートフォン、タブレット端末、ノートパソコン(これらを総称してICT)などを活用し、場所と時間にとらわれることがなくなる働き方を指す。大別すると「雇用型テレワーク」、「自営型テレワーク」の2種類に分類され、以下の3つの形態に分類することができる。

1.在宅勤務:会社に出勤せず、自宅で働く
2.モバイルワーク:電車などでの移動中やカフェなどを主な就業場所として働く
3.サテライトオフィス:通常のオフィス以外の遠隔操作用施設を主な就業場所として働く

このテレワークには、たくさんのメリットがある。企業側では人材確保(採用や離職防止となる)、経費削減(通勤費やオフィス貸借料など)、ペーパーレス化。さらには、従業員側にも当然のメリットが存在する。自由な時間が確保されることにより、家族との時間が増え、趣味や好きなことに余暇を使えるライフワークバランスの充実が図れるのだ。
まだまだ世間に浸透しきれていない在宅での仕事、「テレワーク」が当たり前の制度として日本で活用されていくのは、何年後の話であろうか。


クラウドソーシングとは?

クラウドソーシングは、各メディアによって多数取り上げられているので耳にする機会も多いと思う。「テレワーク」とは少々異なるのが、好きな時間に好きな場所で働くことができるということで、新しい就業スタイルとして注目されている。また、その仕事の種類の多さにも目を見張るものがある。

クラウドソーシングで強調したいのは、「手軽さ」である。登録や仕事を始めるまでがとても手軽で手間がかからないのだ。たとえば、派遣社員として働きたい場合、一度派遣会社に登録をしに行かねばならない。中には登録へのハードルが高い派遣会社もあるだろう。その後、派遣コーディネーターと面談を行い、マッチングをして企業に応募、それから面接。
その後やっと双方働いてほしい、働きたいと意思の確認が入り利害が一致すれば仕事の受注となるが、条件と少しでもずれていたら、また企業探しからやり直しをすることになる。

しかし、クラウドソーシングにはその手間がかからない。ネット上で登録し、仕事の受注までその場で完結してしまうのだ。業務の種類も豊富に取り揃えられており、現在では多くの企業が参入している領域である。ネットということでセキュリティ面での懸念もあるだろうが、そこに関しては上場企業が運営しているところもあり、比較的安心できるのではないだろうか。

子育て、介護問題などの家庭の事情はもちろん、自分のスキルを有効に発揮したいなどの思いから在宅で働く人は増加を続けている。クラウドソーシングの最大の利点は、自分の過去取り組んだ仕事の評価などがサイト上に残るので次の仕事に繋がりやすいということだ。
依頼を受けたら期日までにしっかり仕事をして信頼を勝ち取ればその実績は積み重なり、さらなる受注への後押しとなってくれる。


在宅ワークの種類の多さ

古くからある在宅ワークの種類の豊富さには驚く。その例として、いくつか紹介してみよう。

・添削、採点、作題:小論文の添削、塾のテストの丸つけ、模試の採点
・相談員、占い師:栄養アドバイスを行える栄養士を募集、メールや電話の占い師、電話相談を受ける
・番組観覧、覆面調査:エステでモニター施術してもらうのだが実は覆面調査員、エキストラやモデルの仕事も
・写真販売、写真加工:不動産物件の写真撮影、投稿した写真がダウンロードされれば入金されるシステムも

その他に、漫画家、シナリオライター、家事代行、ネイリスト、手作り雑貨などあまりにも多岐にわたるため、全てを紹介するのは不可能である。なお、ここに記載したものは「企業」でなく「個人」として在宅で仕事をしたい方向けのものだ。もし企業に在籍していながら在宅で活躍したいと思っているのなら、テレワーク制度を導入している会社をオススメする。

とはいえ、ある程度のスキルを持ち合わせていないと、すぐに仕事を受注するということは難しい。さらに、個人で働くということは年金などの制度も変わってくるし、自分で能動的に動かない限り、スキルアップや単価の向上は望めない。今回は在宅ワークのメリットを紹介したが、決して良いところだけではないということだけは言及しておきたい。
自由は不自由という言葉があるが、正社員が良しとされている日本で自由に働くには、覚悟が必要なのもまた現実である。


<参考・参照元>
【面接不要/ママ歓迎】内職や在宅ワークの仕事・求人【クラウドワークス】
在宅の仕事を探そう! - 在宅ワーク求人・募集情報
本格化するテレワーク、クラウドで実現する在宅勤務 - Customer Success
テレワーク制度 – TOKYO働き方改革宣言企業

あわせて読みたい記事!