SOLUTION

ソリューション

生産管理や需要予測のシステム化で大量生産時代は終焉する

どの業界も供給過多による在庫製品や、廃棄処分になってしまう商品に頭を悩ませている。需要数の正確な算出、品質維持や出荷数の管理ができたらどんなに良いだろうか。そのような願いを叶えてくれるのが、需要予測システム生産管理システムだ。
これらを活用すれば、資金繰りの適正化を図る効果が期待できる。


管理が難しい生産計画

ひと口に生産計画といってもいくつもの工程があり、生産計画を立てるとなるとそれぞれをクリアにしなくてはならず、非常にわかりにくい。
自社独自の特殊技術を保有し受注生産のみで経営できるのであれば話は別だが、通常の製造業の場合、需要予測による販売計画に基づいて原料やパーツを発注し製造計画を立てる。そこにどのような人員を配置すれば納期に間に合うのか、製品の品質は維持できているのかという管理が並行して行われ、出荷に至る。

生産計画を立てるには様々な知識と経験を必要とするため、これだけの工程を一貫して管理するのは至難の業である。
しかし、安定した生産を適正に管理するためには、綿密な生産計画が必要不可欠だ。このような製造における課題の解消をサポートしてくれるのが生産管理システムや需要予測システムだ。
その働きと導入例から、適正な生産管理が導く未来について考えていこう。


中小製造業に適した生産管理システム「AToMsQube」

製造指示をスムーズに的確に出すためには、作業工程を俯瞰することが必要とされる。しかし、複雑な工程の全貌を把握するなどといったことは容易ではない。それをサポートするのが生産管理システムである。
クオリカ株式会社が提供している「ATOMS QUBE」は、製造業向けの生産管理システムとして経理などの基幹システムと連携し、生産管理と同時に品質の管理もできる。EDI連携による受注・発注管理、部品や在庫数の管理、売上管理、納品日・出荷数の管理までを一括で行い、その情報をタッチパネル情報端末「WebLight」で生産状況を一目で把握できる。
また、機械予防保全支援システム「CareQube」が、機械の故障を未然に防ぎ常に最善の状態を維持してくれるので、生産性が落ちるということもない。まさに、中小製造業に必要な生産管理のための機能が詰まった基幹系情報システムとなっている。

クラウドサービス型とオンプレミス型の両方が用意されている点は、各社のセキュリティ管理に配慮してのことだろう。このシステムを導入した金属製品製造業の三重工業株式会社は、リアルタイムな生産情報を共有できるようになったため、他部署との連携がスムーズになったという。

こうしたシステムを利用することは、認識不足や確認ミスを減少させ、統一された情報を共有できるというメリットがある。
生産ライン方式により分業化して効率的に作業を行うためには、リアルタイムかつ正確な情報が不可欠となる。分業化は大量生産に適しているが、その反面、担当している工程以外の状況を把握するためにラインを止めることが困難だという一面がある。日々の記録を自動化することで、そのために割いていた労力と時間を実務的なことに回せるという利点が生まれるのだ。
生産実績を収集・蓄積するということは生産を安定させるために重要なのである。


需要予測システムで季節や流行に合わせ生産数を調整

需要予測システムを導入することで、仕入れ数や生産数の適正化を図り、過剰な原料や部品の仕入れを防ぎ、無駄を省くことができる。
JDAが提供している需要予測ソフトウェア「JDA Demand & Fulfillment」は、変動する市場に即したサプライチェーンをマネジメントし、それらを実現する需要を予測し生産サイクル形成をサポートしてくれるというものである。加えて、それぞれの製品の購買層に合わせて、どのように売り出せば利益が上がるのかという戦略を立てる際にも役に立つという。

資生堂は需要予測のグローバル化を目指し、2017月5月よりJDA Demand & Fulfillmentを導入した。それをNSSOL(新日鉄住金ソリューションズ)が購買客とのインターフェースをスムーズに進めることを目的に、資生堂の業務に適した管理ができるものへと改良を行った。
このことにより、定番商品の需要予測を自動で適正化することが可能となり、需要予測が難しい季節とその年の流行に合わせた新商品に集中することができるようになった。

化粧品やファッションなど、その年によってニーズが変動し生産すべき製品が変化する業界にとって、このような予測システムは心強いことだろう。
また、生産している製品の種類が多い場合も同じである。製品価値が落ちにくい恒常的に使われるパーツや部品であれば在庫をあえてストックしておくことも生産管理の一環であるが、市場が変動しやすい業界にとっては旬が過ぎれば在庫は売り物にならず利益として計上できない。
いかに業界に即して高精度に需要予測ができるか否かが業績を左右するといっても過言ではないのだ。


大量生産時代の終焉へ

これまで述べてきた内容からも分かるように、生産情報を常にクリアな状態にしておくことは品質維持にもつながり、需要予測により生産数を正確に管理することで、需要と供給の均衡が取れ過不足のない生産が可能となる。
また、在庫を抱えるリスクや商品の欠品によって商機を逸するリスクを未然に回避することができる。在庫を抱えるリスクを回避し資金繰りの適正化により商品価格が下がれば、消費者にとっても製造元にとっても有益だ。
このように、生産計画の充実化こそが大量生産の時代にピリオドを打つ。

無駄のない最適化された多品種少数生産時代が間もなくやってくるに違いない。


<参考・参照元>
生産計画の作成 - 在庫管理の改善・コンサル・システムの在庫管理110番
生産管理の導入事例一覧
需要予測 | JDA Software
化粧品大手が需要予測から在庫補充計画までを管理する計画システム導入 - MONOist(モノイスト)

あわせて読みたい記事!