SOLUTION

ソリューション

信用スコアの普及は日本社会をどう変える?話題のスコア・レンディングの例も

「あなたのスコアは何点ですか?」初対面の人にいきなりこんな質問を投げかけられる日がくるかもしれない。
アメリカ中国で社会インフラになりつつある信用スコアだが、構築の取り組みは日本でも始まっている。

信用スコアが導入されたとしたら、生活にどんな影響があるのだろうか。


信用経済の時代における信用スコア可視化の意義

現代は「信用経済」または「評価経済」の段階に来ているといわれる。今まで現金によって成り立っていた取引は手形や小切手、株式、社債などでやりとりされるようになった。このように信用が経済で大きな役割を果たしている。
信用は企業だけでなく、個人にもあてはまる。個人に信用があれば企業と同じように株式や社債を発行し、資金を調達できる。
だが、そのためには個人の信用を客観的に評価できる仕組みが必要だ。

そこから生まれたのが信用スコアである。
信用スコアの原型がクレジットスコアだろう。近年では決済情報が電子化したため、個人の支払い利益が追跡しやすくなっている。中国のようにモバイル決済がポピュラーな国においては、支払履歴を追えばその人がどれだけのお金をどんなことに使っているのか詳細が一目でわかる。

つまり、支払履歴から個人の生活や振る舞いが見えてくるのだ。クレジットスコアを通してその人の財力や生活様式がある程度判断できてしまうのだ。
さらに、クレジットスコアだけでなく、その人を取り巻く情報を数値化する動きが高まっている。職歴、友人関係など非金融情報を取り込むことで、よりその人の“人となり”がスコアで判断されていくだろう。

こうして算出された信用スコアはクレジットカードを作ったり、融資を判断したりすることに利用されるが、それだけではない。
アメリカでは信用スコアがソーシャルセキュリティナンバー、日本でいうところのマイナンバーに紐づいている。そのスコアが就職試験や入居審査に影響するのである。まさに信用スコアが低いと人生が不利になってしまうのだ。

中国ではアリババの提供する「芝麻信用(ジーマ信用 / セサミ・クレジット)」が2015年に提供を開始した。
比較的新しい信用スコアだが、すでに社会インフラとなりつつある。芝麻信用のスコアが高いとホテルのデポジットが不要になるなどの各種サービスが受けられるのだが、それ以上に中国の人たちは自分のスコアをかなり気にしているようである。

大手結婚仲介サイトではお見合い相手のスコアを表示するサービスを開始しており、お相手の基準に信用スコアが使われている。合コンも「芝麻信用700点以上の人」というように人集めの基準となっているというから驚きだ。

また、中国では無人コンビニの実証実験が始まったが、このコンビニで支払いをせずに商品を持ち去った場合はスコアに影響するしくみとなっている。スコアに影響することで犯罪の抑止効果があるのだという。

サービスを提供する企業の視点から見ると、融資や雇用を判断する時の審査コストを低減させるメリットがある。
例えば人を雇用する場合には相当のコストがかかるが、採用にあたっては履歴書と面接から判断するしかなかった。しかし、その人がこれまで積み上げてきた振る舞いがスコアになっていれば、それを信用できる材料としてそこから判断することができ、より求めている人材の雇用が可能となる。



信用スコアは何をもとに算出されるのか?

それでは信用スコアはどのような基準で算出されているのか。アメリカのFICOスコアと中国の芝麻信用について紹介しよう。

この記事の続きを読むには、ログイン、または会員登録(無料)とプロフィールの入力が必要となります。

あわせて読みたい記事!