TECHNOLOGY

テクノロジー

スマホ連携ノート術の極意。ペーパー派もデジタル派も納得のいいトコ取りの方法とは?

誰もがスマートフォンに代表されるモバイルデバイスを持つ時代でも、ノート管理はアナログ、という人は少なくない。

しかしデジタルデータの利便性が活かせれば、ノートの活用の幅が広がることは間違いない。リアルノート派も無理なく活用できる、スマホ連携ノート術について紹介していこう。


手書きとデジタルのメリット・デメリット

スマートフォンやタブレットといったデジタルデバイスを使いこなしている様子は、スタイリッシュでいかにも現代的だ。
一方でそうした姿に憧れ、一度はデジタルノート術を試したものの、使いこなせずに紙に戻ってしまったという人は少なくない。手書きとデジタルにはそれぞれ、一長一短があるようだ。

アナログの良さは、何といってもその手軽さにある。
文字の大きさも自由自在で、ペンと紙さえあれば何も考えずに記録ができる。付箋を張り付けたり、チケットの半券を挟んだりというように「外部資料」を添付するのも簡単だ。デジタルデバイスの入力が苦手という人は、手書きの方がずっと早くメモできるだろう。

アナログだからこその柔軟性があることは否定できない。アナログのメモになじんだ人から見れば、いちいち画面を開いてアプリを起動する手間が面倒に感じられるというのも理解できる。

一方でデジタルと比較すれば、アナログのノートでは並べ替えたり集約したりといった整理が難しい。ページがばらけてしまうと紛失の恐れがあったり、どのノートのどこに記述したのかわからなくなったりする可能性もある。

デジタルでノートしてあれば、データベース化することも可能だ。日付やワードですぐに目的の記録を見つけられる。
ツールによってはインターネットに接続して必要な情報を検索したり、複数人で情報共有をしたりする機能もある。情報の二次利用や集積、転用が可能なのは、デジタルノートならではの特徴といえるだろう。


ビジネスに耐え得るこだわりノート術とは

ペーパー、デジタルいずれにしても、ノート術がビジネスライフに与える影響は、決して小さくない。
世間的にデキるといわれるような優秀なビジネスマンには、それなりのこだわりのノート術があるものだ。そして、そんなビジネスマンのノート術のポイントとなるのは、ノートを単なる覚え書きで終わらせず、何らかの発展性をもたせるなど、未来につながるアイデアの起点とすることである。

通常、ノートの項目としてはスケジュール、やりたいことリスト、TO DOリスト、ほしいモノリストやメモなどがあるが、自分なりの形にカスタマイズできていることが望ましい。
それぞれの項目を独立させず、互いに連携ができる工夫や、インプットとアウトプットが自動的にできるしくみをノートに持たせている例もある。
アイデア創出のためのノートの場合は、サブとメインを置き、時期に応じたものを「昇格」させるという使い方もあるだろう。

ノートはそれを作るのが目的となってしまっては意味がない。思考を妨げず、自由な発想をするために罫線がないものを使うのもひとつの選択だ。
思考と記録を整理するためには、一元管理ができることも大切な条件といえるだろう。
自身で作ったノートに不明点があるようでは、賢いノート術とはいえない。アイデアでもスケジュールでも、自己管理が完璧にできるノート術の確立が理想だ。


デジアナ文具の活用

記録の整理という観点では、デジタルの方がアナログよりも数段も有利だ。
しかし紙のすみにちょっとしたマークや図を書くといった自由性では、まだアナログの方に軍配が上がるだろう。また、紙に落書きをしているとアイデアが湧いてくることからわかるように、人間の思考はアナログとの親和性が高い。

この親和性を生かしたデジタルノートはないのか。

そんな希望を満たすのが、「デジアナ文具」と呼ばれるツールである。
例えば、キングジム「SHOT NOTE」は、手書きで作成されたメモをそのままデジタルデータにして整理できる。

この記事の続きを読むには、ログイン、または会員登録(無料)とプロフィールの入力が必要となります。

あわせて読みたい記事!