TECHNOLOGY

テクノロジー

スマートハウスは普及するか。住宅メーカー各社の取り組み

エネルギーの自給自足を目指すというスマートハウス。大震災など自然災害を機に脚光を浴びている。

また、電気使用量を削減するだけではなく、完全自給自足を目指すものも登場している。指一本でできるタッチパネル操作、スマートフォンとの連携操作など、その操作性にも注目したい。住宅メーカー各社の取り組みを考える。


2011年以降、徐々に増えてきたスマートハウス

大手ハウスメーカーは2011年、相次いで「スマートハウス」を市場に投入した。スマートハウスとは、IT技術を利用し、家庭内のエネルギー消費をコントロールする住宅のことである。

例えば、ソーラーシステムを利用しエネルギーマネジメントを行い、CO2排出の削減を実現する。
以前は、省エネをメインに考えた住宅づくりが基本だったが、スマートハウスでは、省エネ+創エネ+築エネのすべてを整え、生活を向上させた家づくり、つまり、スマートな家をつくりだした。
これに伴い、ハウスメーカー各社ではさまざまな取り組みや研究が続けられている。


太陽光発電でできること

太陽光から電気をつくる太陽光発電は無限なエネルギーともいうことができる。
燃料を使うことによる有害な物質の発生などがないクリーンで安心安全なエネルギーだ。もちろん、太陽光発電により作られたエネルギーは自宅の電力としてさまざまな家電や照明などに利用できる。

しかし、曇りの日はどうなるのかと心配になる人もいるだろう。晴れの日に比べて、発電量は減るものの発電自体は可能だ。
住宅メーカー各社が公表している発電量の試算も晴れの日だけではなく雨の日や曇りの日も加えた数値であるため、天気に対して憂う必要はない。

加えて、余った電気は売電できるため、「家が働いてくれる」と考えることもできる。自治体によっては太陽光発電を取り入れることによる補助金を申請することも可能だ。公共施設はもとより、一般の家庭にも着々と広まりつつある太陽光発電は住宅の可能性を大きく広げるエネルギー革命ともいえる。

一般の住宅に比較するとやはり割高になるが、長い目で見た場合、省エネだけではなく、創エネ・畜エネにより、大幅な生活費の削減に繋がるだろう。


スマートハウスの操作性は?

スマートフォンやタブレットが一般化した現代だが、パソコンは苦手という人も少なくはない。そうした意味で操作性に対して不安を抱く人も多い。
しかし、多くの場合、タッチパネルの操作は直感的でわかりやすく、複雑なマニュアルなどを読まずとも理解できるようになっている。

また、スマートフォンやiPadなどのタブレットをそのまま、操作端末として設定できるハウスもある。
iPadを利用中に、そのままiPadで蓄電池をコントロールするなど操作も気軽だ。


住宅メーカー各社の取り組み

ハウスメーカー各社の取り組みを見ていこう。

  • ・三井ホーム(MIDEAS)
ナチュラルインターフェースにより音声対応を可能とした。例えば、「お風呂を沸かして」の声に反応しお風呂の湯張り行う。
そのほか、音声操作により窓やブラインドの開閉も可能。また、モーションセンサーの「Kinect(キネクト)」により音声だけではなく手を振るというアクションによるコントロールも可能だ。
タッチユーザーインターフェースを画面に魚が泳ぐアクアリウムにするなど、「見せる化」を意識した取り組みも行っている。

  • ・パナホーム(NEW「CASART」)
パナホームでは、エネルギー収支ゼロを超えるエコ性能を備えたスマートハウスを発売している。
業界トップクラスの環境性能・省エネ性能はもとより、耐久性に優れた光触媒の外壁タイルなど、機能性素材も使用したスマートハウスだ。
NEW「CASART」は未来の標準住まいともいえる住宅だ。壁・天井・基礎の内側、すべてに断熱材を施した「家まるごと断熱」、これにより夏は涼しく冬は暖かい理想の温度環境を実現する。
また、 エネルギーを効率的に創りだす太陽光+蓄電システムにも注目したい。太陽光発電による余剰電力や夜間電力を蓄電、日常における光熱費の削減や非常時のバックアップ電源ともなる。

  • ・アイフルホーム(GURU GURU)
アイフルホームの次世代スマートハウス 「GURU GURU」は、「社会問題を解決する」をコンセプトとしている。
スマートロボット「リリボ」が家族をサポートし、省エネ対策・子どもの環境教育・セキュリティ・災害時対応をアドバイスしてくれる。
そのほか、アイフルホームでは電気使用量そのものの削減を目指すのみならず、電気や水を確保する仕組みを導入した完全自立型住宅を実現するという。
家計の負担軽減のみならず災害時にも頼れるスマートな家となりそうだ。


課題となるイニシャルコスト

エネルギーを大幅に節約できるスマートハウス。単に節約という面だけではなく、快適な住環境を実現できることは言うまでもない。
しかし、ネックとなるのがイニシャルコストだ。便利で快適な分だけ、料金も割高といえる。

ただし、電気代の削減、場合によっては売電など、月々の家計に対するメリットも大きい。
例えば、太陽光パネルで発電した場合、住宅用太陽光発電の平均容量は4kW。年間4000kWhの発電となる。これをお金に換算した場合、16万8,000円だ。
上手に利用すれば、生活費が軽減されることは言うまでもない。


<参考・参照元>
次世代型スマートハウス向けエネルギーシステム | 広がる、エレクトロニクス。 | 村田製作所
スマートハウス | 環境用語集 | 環境ビジネスオンライン
経済発展と環境対策の両立に向けて~スマートシティという視点~ - 国会等の移転ホームページ - 国土交通省
次世代スマートグリーンズ MIDEAS(ミディアス)」リニューアルオープン
【パナホーム】スマートハウス NEW『CASART(カサート)』発売~エネルギー収支ゼロを超えるエコ性能「ゼロエコ」標準採用 | トピックス | Panasonic Newsroom Japan : パナソニック ニュースルーム ジャパン
今、注目のスマートハウスとは~どれだけオトクに暮らせる?~【SUUMO住まいお役立ち記事】
スマートハウスQ&A|スマートハウス|注文住宅|ダイワハウス
スマートハウスのことなら『アイフルホーム』

あわせて読みたい記事!